首こりに効くサプリメント

肩こりではなく首こりがひどい!

 

首こりで困っている方って、結構いるんではないでしょうか?

 

私も首こりがひどくて悩んでいました。

 

肩こりはないのに、首の後ろあたりがゴリゴリした感じがしてすごく凝るんです。ひどい時には頭痛がしますし、すごく疲れが出てきます。

 

整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらっても異常はなし、マッサージに行っても一時的で効果は持続しない、決まって言われることは「デスクワークが中心なので、姿勢に注意してずっとパソコンなどを見ないで適度に休憩をしてストレッチをしてください」ということです。

 

 

もちろん、そんなことは気をつけているし、でも首こりは解消されません。

 

市販の湿布を貼っても一時的だし、特に夏のクーラーが効いている時や、冬の寒い時期には首こりもひどくなるような気がしていました。

 

そこで、ひょっとしたら冷え性が原因ではないかと思って、その対策を探していた時に見つけたのが、首こりをサプリメントで解消するという方法でした。

 

首こりに効くサプリメントは?

 

首こりは、姿勢の悪さか冷えか、どちらから凝りが起きているにしても、原因として主に考えられるのは血行不良です。これは肩こりでも同じことですよね。

 

そこで、首こりに効くサプリメントを探してみましたが、残念ながら首こりに特に効くというサプリメントはありませんでした。

 

同じような血行不良が原因と考えられる、肩こりに効くサプリメントはありますが、あまり冷え性のことについては触れられていないものばかりでした。どちらかというと血液をサラサラにして血行不良を改善するDHAなどのサプリメントが紹介されていました。

 

首こり解消+冷え性改善に効くというサプリメントはほとんどなかったのですが、唯一それに近いものがなごみ美人というサプリメントでした。

 

首こり+冷え性改善におすすめのサプリ

 

『なごみ美人』は冷え性と肩こりや首こりを改善してくれる成分を配合したサプリメントです。

 

冷え性だけでなく肩こりや首こりからくるずっしりとした疲労感にも効果があるので、体のだるさを感じている方にはおすすめだと思います。生姜成分をメインにしているので、ぽかぽか温める効果があるようです。

 

凝りをほぐしてくれる成分と、血行を改善してくれる成分が両方含まれています。

 

肩こりをほぐす成分・・・テアニン、クレアチン、αリポ酸
血行を良くする成分・・・生姜エキス、ヒハツ、イチョウ葉エキス、カプサイシン
ズッシリ感を解消する成分・・・マカ、高麗人参、ローヤルゼリー

 

 

 

飲み始めて1ヶ月経ちましたが、首こりはかなり良くなった感じがしています。

 

以前は、首の後ろ辺りにゴリゴリした感触があり、しょっちゅう自分で首をもんでいましたが、その回数は減ってきています。

 

元々、自分が冷え性という意識はなかったのですが、気のせいか体温も少し上がっているのか、首周りが全体的に温まっている感じがします。首は肩と違って洋服で隠れていないので、冷え性と関係があったのかもしれません。

 

 

今まで首にシップやエレキバンを貼ったりもしていましたが、体の内側から凝りが解消されているような気がしています。

 

 

私のように、今までいろんな方法を試してみたけれど、首こりが解消しないという方は、ひょっとしたら冷え性が首こりと関係しているかもしれないので、試してみてもいいと思いますよ。

 

これで体質改善して血行が良くなれば、冬の寒い時期や夏のクーラーの時期も、首こりに悩まされなくて済むと期待しています。

 

 

ちなみに、この首こりに効くサプリメント「なごみ美人」は全額返金保証付きのお試しで試せますし、費用も1日60円程度で済みますからお手軽ですよ。

 

湿布を貼ったりするよりも楽だし、見た目も気になりませんしね。

 



 

 

 

私は試しませんでしたが、首こりに効くサプリメントで、トコフェロンEナチュールというサプリメントもありました。

 

トコフェロンEナチュールは第3類医薬品で、ビタミンEの成分で血行障害を改善することで首こりを解消させてくれるというサプリメントです。

 

コレステロールが高いなどの、血液がドロドロになっていることが首こりの原因として考えられそうな方にはいいかもしれませんね。

 

 

私の場合は、血液ドロドロというよりは、冷え性が原因かなと思ったので、こちらのサプリメントは選びませんでした。

 

トコフェロンEナチュールの公式サイト

 

首こりにおすすめの市販薬は

 

私は首こりをサプリメントで解消していますが、どうしても首こりがひどくてつらい場合には、筋肉弛緩剤という薬があります。

 

私も整形外科でこのタイプの薬を処方してもらったことがあります。

 

飲むと筋肉の凝りがとれるので首こりも楽になります。どうしてもつらい時には処方してもらうのもいいと思いますが、やはり薬なのでずっと飲み続けるのは少し抵抗感があります。

 

1週間分処方してもらいましたが、薬がなくなったらまたもらいに行かなくてはいけなし、いつか効かなくなるんじゃないかという不安もあります。

 

できれば、ひどい時だけの頓服として飲む方がいいと思います。

 

 

ちなみにドラッグストアなどで売られている市販薬では、筋肉弛緩剤はあまり売っていませんが、小林製薬が販売している市販薬があります。

 

 

私も、処方薬がなくなった後は、しばらくこの薬を飲んでしました。

 

確かに効いている感じはしましたが、ずっと続けるにはどうかなという気持ちはやはり処方薬と同じです。

 

直ぐにでも首こりをなんとかしたいという方には、小林製薬のコリホグス錠はおすすめだと思います。名前の通りほぐしてくれる効果は確かにあると思いすよ。

 

 

コリホグス錠についての詳細はコチラです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

首こりの原因

 

首こりの主な原因は、首の筋肉が緊張することで血行が悪くなってしまうことだといわれています。血行不良になると疲労物質が首にたまり、首こりを起こしてしまいます。

 

首こりがひどくなると肩こりまで広がっていくので、早めに首こりを解消するようにしましょう。

 

首こりの主な原因

 

姿勢が悪い

 

長時間のデスクワークでパソコンに集中したりスマホや読書をしていると、同じ姿勢が続くため首の筋肉に負担がかかります。そのため筋肉のこわばりから首こりが起きるので、長時間同じ姿勢をしないように注意しましょう。

 

首や肩が冷える

 

冬の寒い時期は冷え性に悩む人も多くなりますが、首は特に外気にさらされているため冷えることで血行が悪くなりがちです。首が冷えないようにマフラーや首が冷えないような洋服を来るなどの対策をしましょう。

 

眼鏡やコンタクトが合っていない

 

視力が悪くなるとどうしても姿勢が悪くなりがちです。そのため目から首にかけての筋肉が緊張しがちになり、首こりを起こしやすくなってしまいます。